水槽 魚 引っ越し

水槽や魚の引越しはどうやってしたらよいの?!

水槽や魚の引越しはどうやってしたらよいの?!お勧めの一括見積もりサービスはコチラ

 

引越しをする上で大変なのは人間だけではありません。
飼っているペットの輸送も重要な問題になります。
ここでは水槽や魚の引越しの方法について考えてみましょう。

 

水槽や魚の引越しは前持った計画が重要である

水槽や魚の引越しがある場合には事前にしっかりとした計画を立てる必要があります。

行き当たりばったりで引越しをしてしまうと
魚が死滅してしまう恐れもあるので注意が必要です。

まず引越しする場所や、移動する時間にともなって計画を立てていきます。
長距離移動で、移動時間が長くなればなるほど魚への負担は大きくなります。

 

魚の梱包について

引越しの時には水槽にいる魚はそのまま運ぶことはできません。

そのため魚と水槽は別にして輸送する必要があるのです。

まず魚の梱包の仕方ですが、移動距離が短く時間が1時間程度であれば、
大きな発砲スチロールの中にごみ袋を入れて
魚と水を入れてまとめて収容するとよいでしょう。

 

この時電池式のエアーポンプでエアーレーションを行うとよいです。
それができない場合にはドラッグストアなどで売られている
携帯用酸素スプレーでエアーを詰めて袋の口をしっかりと止めておきましょう。

 

長時間の移動の場合には、魚同士が擦れてしまうことがありますので
長時間輸送の場合には、個体ごと生体を別にしてビニール袋に入れます。
その中に携帯用酸素スプレーや酸素の出る石などを入れて酸素を確保します。

 

水槽や魚の引越しはどうやってしたらよいの?!お勧めの一括見積もりサービスはコチラ

 

水槽の移動について

水槽の引越しは砂やろ材の梱包から行います。
引越し後の魚は非常にストレスが大きいので、水槽の半分程度の飼育水を
ポリタンクに持っていきましょう。
砂は水槽に入れたままでよいので水は完全に抜いておくことが重要です。
またろ材はバクテリアが死滅しないようにフィルター内の水を捨てて、
器具類などは取り外して梱包しておきましょう。

 

引越しが完了したら?

引越し先についた羅、すぐに水槽に水を入れて魚を放すべき!
と考えるかもしれませんが、まずは水槽のセッティングを行いましょう。

水槽を設置して、配管などが問題ないかをチェック。
人工海水や炉材、砂を入れてから運転をはじめます。
さらに30分以上経過したら水温が安定しているかを確認。
水が透明になっていたら魚を戻して挙げましょう。
魚を戻してもすぐにエサは与えずに様子を観察してみましょう。

 

餌やりのペースは徐々に戻していくのが望ましいのです。
病気になっていないかも細かく観察しておくようにします。
水槽や魚の引越しは専門の業者に依頼するのが安心です。

 

水槽や魚の引越しはどうやってしたらよいの?!お勧め一括見積もりサービス

引越し侍


 

お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

LIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。