水槽 引越し 水草

水槽や水草の引越しについて

水槽や水草の引越しについてお勧めの一括見積もりサービスはコチラ

 

引越しは非常に大変な作業です。
特に特殊な荷物を輸送しなければならない場合、その手間は大きくなるでしょう。
特にペットを飼っている人はペットの輸送が非常に大変です。
ここではペットの中でも熱帯魚や水槽、水草の引越しについて考えてみましょう。

 

水槽の引越しはどうやって行うの?

まず水槽の引越しをする方法を考えます。
自分で行うのか?それとも専門の業者に依頼するのかなど方法はいくつかあります。

一般的な引越し業者は水の入った水槽や
生体は運んでくれないケースがほとんどです。

そのため自力で運んだり、水槽の運送を専門に行う業者に
依頼したりするケースがほとんどでしょう。
無計画な引越しをしてしまうと途中で
大変なトラブルがおこってしまうことも。

水槽や水草、生体は自分でしっかりと管理しておく必要があるのです。

 

水槽や水草の引越しについてお勧めの一括見積もりサービスはコチラ

 

必要なものをリストアップしておこう

自分で水槽を引越しさせる時にはまずはリストアップをしておくとよいでしょう。
引越し前までにやらなければいけない作業、
やっておきたい作業、買わなければいけないものなども
リストにしておくと安心です。

 

このようなリストアップ表を作っておくと計画も立てやすく
スムーズに水槽や水草の引越しができるでしょう。

 

前日までにおこなっておくこと

水槽、水草、熱帯魚の引越しをする場合、前日までに準備が必要です。

前日にはエサきりを行い、移動中の水質悪化を防ぐようにし、
2分の1程度の飼育水やろ材も生かして運ぶようにしましょう。
また熱帯魚などの生体移動に必要な容器や酸素なども
用意しておきましょう。

 

さらに移動中の水温変化は非常に大変です。
なるべく水温を変化させないために、夏場であればクーラーボックス、
冬場であればホッカイロなどを用意してくのもよいでしょう。
特に普段ヒーターやクーラーで温度管理をしている水槽の場合、
引越しの作業や移動中の急激な水温変化に
生体が反応してしまうことが考えられます。
そのため1週間くらい前から飼育水の水温を常温に近づけるように
徐々に調節しておくとよいでしょう。

 

このような作業をしてワンクッションおいてあげることで
当日の変化を和らげ生体のストレスを最小限に抑えることができるのです。
また水かえにかんしても、事前にならしてあげるとよいでしょう。
引越し1ヶ月前には4分の1程度の水替えを行い、
1週間前にもう一度2分の1程度の水替えを行うのが望ましいです。

本格的な水草を使用した水槽であれば、
水と生体だけ抜いて引越しをすることもあります。
砂利と水草は植えたままの方が手間もかかりません。

 

水槽や水草の引越しについて お勧め一括見積もりサービスランキング

引越し侍


 

お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

LIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。