水槽 引越し 業者

水槽の引越し業者選びとは?

水槽の引越し業者選びとは?お勧めの一括見積もりサービスはコチラ

 

熱帯魚の飼育が好きな人は多いでしょう。
犬や猫を飼う人も多いですが熱帯魚や魚類を飼う人も非常に増えています。
家に水槽があると非常にリラックス効果もあり、
綺麗ですが、転勤や引越しなどがあると非常に大変です。
今回は水槽の引越し業者について説明していきましょう。

 

水槽の引越しどうやって業者を探す?

水槽の引越しを行う場合どうやって業者探しをすればよいでしょうか?
一般的に水槽の引越しは、引越し業者が対応してくれるケースが多いです。
ただし水槽があまりにも大きい場合などは対応不可能な場合もあるでしょう。

 

ただし水槽は運んでくれるものの熱帯魚などの生体は配送してくれません。
一般的な引越し業者では、生体は配送中に何か問題が発生して、
死んでしまった時などに補償できないため、配送してくれないのです。

 

水槽やその周りの機器は引越し荷物と一緒に運搬してくれますよ。
生体に関しては自分で運ぶか、
熱帯魚などの輸送を専門に行う業者に頼むようにしましょう。
熱帯魚の輸送を専門に扱う業者は、安心感はありますが、
費用は非常に高額なのでコストパフォーマンスで考えるのであれば
生体以外の水槽を引越し業者に頼んで、
生体は自分たちで運ぶというのがよいかもしれません。

 

水槽の引越し業者選びとは?お勧めの一括見積もりサービスはコチラ

 

生体は個別で運ぼう

水槽ごと引越し先に運べるのであれば一番よいのですが、
なかなかそういうわけにはいきません。
そこで水槽は空にした状態で荷物と一緒にトラックで運び、
生体だけを個別に輸送するようにしましょう。

 

水槽に水を入れたまま輸送するのは非常に危険ですし、
振動に耐えられるようには作られていないため割れてしまうこともあるでしょう。

熱帯魚などを輸送する際に気を付けておきたいのは水温変化です。
そのためクーラーボックスなどに入れて運ぶと
水温変化が起こりにくいのでおすすめですよ。

また酸素を放出するタブレットも一緒に入れておかなければ
酸欠状態になるので気を付けてください。

 

飼育水は捨てずに運ぶとよい

引越し後にすぐに環境になれさせるためには、
今まで飼育していた飼育水は捨てずに運ぶようにしましょう。

ポリタンクなどに入れて運べばこぼれる心配もありません。
また濾過機や底砂利なども乾燥させてしまうと、
濾過バクテリアが死滅してしまうので
湿った状態でビニール袋などに入れて運ぶ方がよいです。

 

引越し後が重要

引越しが終ったら大丈夫!と安心してはいけません。

引越し後の水合わせが大切なのです。
引越しによる水温変化や水質変化が起こりやすいので
体調を崩さないようにしっかりと観察してくださいね。

 

水槽の引越し業者選びとは?お勧め一括見積もりサービス

引越し侍


 

お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

LIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。